« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

ツボサンゴの花

Dsc_5755     ツボサンゴの花も咲きだしました。

    ツボサンゴはとても小さくて可愛い花です。

-[写真ダブルクリックで大きな写真]-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒメウツギの花

Dsc_5734      今回はヒメウツギの花が咲きましたのでUPします。

    かぼそい枝にたくさんの白い花が付くのが特徴です。花の中心には黄色の雄蕊が可憐さを際立たせています。

    花壇に咲いているのを切り取って花瓶に差したものです。

-[写真をクリックで拡大]-

Dsc_5737   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いただいた「ツツジ」

Dsc_5727_2     いただいてから丸一年半、幹も立派になりました。これは福島県いわき市のNさんから大切に育てていた一本を分けて頂いた「ツツジ」です。

    記念の「つづじ」ですから大切に、大切に育てなくてはという想いと、この北の青森県で果たしてうまく育ってくれるのか心配しながらお世話をしてきました。

    今年もしっかりと花の数も増え、大振りの鮮やかな色で一安心しています。きちんと肥料も与え、害虫や病気の駆除もマメに行うようにしています。お蔭様で今のところ大過なく成長しています。

    この時期は花壇も色々な山野草が咲き始める時期です。4月中はフクジュソウに始まり、フキノトウ、イチリンソウ、キクザキイチゲ、ユキワリソウ、ミツバツツジ、エンレイソウ、スイセン、ウスバサイシン、シラネアオイ、カタクリ、クリスマスローズ、ニリンソウ、ヒトリシズカ等が咲きました。

    5月に入ってからは菜の花、イカリソウ、ヤマシャクヤク、白花タイツリソウ、白花ヤマブキ、タチツボスミレ、スズランスイセン、ワラビ、ボタン、オダマキ、シャガ、シラユキゲシ、チゴユリ、ユキザサ、ウマノアジガタ、キバナホウチャクソウ、スズラン、ドウダンツツジ、ニッコウキスゲ、ムラサキシキブ、黄花センダイハギ、タツナミソウ、ツキヌキニントウ、ヒメウツギ、フウロウソウ等が咲いています。

    こうしてみると、4月よりは5月の方が花が多くなってきていますね。それに加えて雑草も増えてきました。この対策はカミさんの仕事です。私は見て写真を撮って楽しむだけです。ハッハッハッ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家の無農薬栽培

Dsc_5538_2     5月には2日間にわたって降霜があり、トマトやナス、ピーマンの生育が心配されましたが、今のところやや成長は停滞しましたが、天候の回復に伴って元気を取り戻しつつあります。

    今年はトマト(桃太郎)の苗を16本植え付けしました。当初は雨の量が極端に少なかったので、枯れてしまうのではと心配しました。しかし、ご覧のように今は元気にすくすく育っています。黄色の花も咲き始めています。結実が楽しみです。

    これまでもトマトの栽培は結構うまくいっていましたが、後半になるとどうしても割れが入ったりして播き水のやり方がうまくないようです。

    この後トマトは脇から出てくる新しい芽を摘み取り、真ん中の主枝を伸ばすように仕立てていきます。風で倒れないように30cm間隔で主枝を紐で支柱に結わえていきます。

Dsc_5539     今年は初めてナスの栽培に挑戦することにしました。ナスの栽培は難しいといわれていますし、連作障害が起こりやすいともいわれています。せいぜい病気にならないよう木酢の利用を心がけていくつもりです。

    畑に植えたのは実験のつもりなので本数を少なく5本にしました。枝が伸びてくると枝の処理も手間隙がかかるという事ですので、とりあえずどのくらいの大変さかを確かめてみたいと思います。

   特にナスは虫もつきやすいし、病気にもかかりやすいと聞いています。どれだけ苦労するのかまだわかりません。もし、意外にも楽だったりしたら、来年は少し増やしてみてもいいかなぁ、、、、、なんちゃってね。

Dsc_5540    これは辛味大根です。この種を蒔いたのは5月上旬でした。ちょうど若い芽が出始めたころに強い降霜に見舞われましたので、あわや全滅かと心配しました。しかし、意外にも根強く生きていて、今朝などは間引き出来るほどに芽をしっかり出してきています。

    辛味大根にもいろんな種類がある様ですが、私が好んで植えているのが、外見は白蕪のような形をしていて水分がとても少なく、辛さと甘さがとても程よいのです。

    スーパーや八百屋さんでは手に入らないですね。

   Dsc_5542_2  ピーマンも毎年植えています。これも毎年たくさん収穫できます。我が家での消費は追いつかないので、ご近所や知人に分けて上げています。やはり自分の畑で農薬を使わず、化学肥料を使わず、太陽と雨の力で結実した野菜はほんとうに味が濃くて美味しいですねぇ。

   収穫時期にまた写真をアップします。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒石名物「黒石焼きそば」

Dsc_5538       昔ながらの「黒石焼きそば」は黒石に生まれ育った人にはこよなく愛した懐かしい「おやつ」です。先頃、テレビ朝日系列の東北CM大賞の審査でこの「黒石焼きそば」を取り上げたCMが大賞に輝きました。
  このCMをご覧になった方はわかると思いますが、この焼きそば、当時、実は食堂やレストランのメニューではなかったのです。主にそれを専門に作っていたおばあちゃんの店があちこちにあって、子供たちがわずかの小遣いでこの焼きそばを買い求めていました。
    その時の様子はこの写真程の量ではなく、この半分もしくは三分の一の単位で、経木に包み入れ、それをさらに新聞紙で包んで渡してくれていました。この新聞紙を広げて焼きそばに口をつけて吸い込むようにして食べていました。当時の子供たちとしてはこれが遊び場に持ち込めるのが裕福な家庭の子だったのです。
    その後は次第に廃れて、最近ではこの焼きそばを焼いてくれるおばあちゃんは居なくなってしまいました。わずかに昔のままの「黒石焼きそば」を食べさせてもらえる店が残っています。
    今日、この「黒石焼きそば」はB級グルメの一員として有名になりつつあり、市内のあちらこちらで昔の懐かしい味を再生する努力も始まっています。
    これは最近超人気となっている「つゆ焼きそば」とは違います。「つゆ焼きそば」はもはや全国からわざわざ「つゆ焼きそば」を求めてやってくる程、メジャーなメニューとなりましたが、この「黒石焼きそば」は、これからといった所です。

    ちなみに、写真の「黒石焼きそば」は黒石市柵ノ木三丁目43(Tel.0172-52-4343)のマルタフルーツストアの「黒石焼きそば」です。店の中では食べる場所がありませんが、この皿にのっている量で¥200です。味の方は黒石の人なら昔懐かしい味ですので、皆さんにも喜んで頂けるものと思います。皿に乗せて販売しているわけではなく、透明のポリ容器に入っています。もちろん車のなかでも食べられるようにお箸もついてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玄関先も賑やかに

Dsc_5538       玄関先は咲き始めた花が賑やかです。真ん中は「ギボシ」です。右側のピンクの花は一昨年スーパーで見つけて買ったのを今年は鉢を一回り大きなのに移しかえてみました。

      「写真はダブルクリックで大きな画像が見られます」

      奥の紫色の花は今年ポットで三株購入して大きな鉢に植え替えたものです。名前は「アズーロ」となっていました。キキョウ科ロベリア属の花だそうです。

      こんな鮮やかな花たちも盛んに咲いてきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菜の花畑けと岩木山

Dsc_5538       弘前市岩木地区(旧中津軽郡岩木町)の農道沿いに色鮮やかに咲きほこる菜の花畑を見つけました。

      本当はリンゴの開花の状況を見に行ったのですが、リンゴはすでに満開で、人口受粉や摘花の作業が間に合わない状況のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »