« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

halちゃんの実家から頂いたお味噌

P1020896       お味噌、いただきました。さっそく生で食べたり、味噌汁にしたり美味しく頂いています。lovely

      やっぱり、手作り味噌はあっさりしててとても食べやすいです。こんなの食べたら市販の味噌が食べれなくなりますぅ~~~。 くせになっちゃうよぉ~~~ぉ。

     このお味噌は昨年の春に仕込んだものらしいのですが、荒々しさがなく、すごくこなれていますよ。

     どうも、ありがとう。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

りんごのお酒の材料

080227_4722      今回はりんごジュースから発酵したお酒の材料を紹介します。ジュースは農家の方に譲っていただいた「千秋」100%果汁の一リットル瓶です。

   それと「Redstar」というメーカーのドライイースト、これはワイン用として市販されているものです。私はインターネットで購入しましたが、どこのお店かわからなくなりました。ただ一個の値段が\260.-なので、一袋購入するのも運賃が高くつくので10袋まとめて買いました。

   それと、ちょっとアルコール度数を上げるためにグラニュー糖を6g加えて作りました。
   手順としてはドライイーストは一袋に5g入っていますが全部だと多すぎてもったいないので、2gだけ使います。
   まず、コップに35度から40度以下のお湯を半分用意して2gのドライイーストを入れます。そしてグラニュー糖を3g加えてかき混ぜておきます。
10分ぐらいすると泡立ってきますので。これをりんごジュースの瓶に注ぎ込みます。このとき残りの3gのグラニュー糖を瓶に加えます。

   この後はジュースの瓶に付属の白いプラスチックのキャップを温かい場所に置いておきます。二週間ほどで飲めるようになります。この間発酵が急激に進むと瓶のキャップが飛んでしまうことがあります。飛んでもいいように何か布と輪ゴムで口のところを押さえておくといいかもしれません。外れたらまたすぐにキャップをして置いてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

りんごジュースから発酵したお酒

Ts3g0031   今回は手元にあったりんごジュースに頂いた酵母を加えたらとてもおいしい「お酒」が出来ちゃいましたのです。
   ご覧のように透明な液体に「プチプチ」と泡がはじけて、とても美味しかったですよ!!!。lovely

 どうやって作ったかって??。

うふっふっ、内緒、内緒、友達だけに教えちゃいますぅ。。
 酵母はビンの中に残るのでこれは次に仕込むときにそのまま利用します。リサイクルできるのがいいですねぇ。
 次に作るときは酵母が残った1リットルのジュースの空きビンに林檎ジュースとグラニュー糖6gを加えてプラスチックの蓋をしておけば常温で発酵します。二週間ぐらいでまた液が透き通ってきますから、その頃が飲み頃です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日、お昼の日課

Ts3g0027   毎日の日課で、お昼ごはんの後はカシスジャムを入れてヨーグルトを食べています。
    ヨーグルトは一リットルの紙パックに入った成分無調整牛乳で友人からいただいた「カスピ海のヨーグルト」の種を繰り返し使っています。
    カシスジャムは「ハトヤ製菓」さんの青森県産のものをインターネットで購入しています。今回のは青森県産の「カシスジャム」が原料不足で今度の夏の収穫まで輸入のカシスジャムを使っているとの事でした。
 

「カシスジャム」のインターネットショップ「クリック」して下さい。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味噌づくりに挑戦

Ts3g0007        今日は味噌づくりに挑戦しましたので報告します。
  使用する大豆は白目の大豆を2kgと麹をスーパーマーケットにあるものを約2kg、そして粗塩を1kgの三点を用意します。

  白目の大豆は事前に水洗いし一晩水に浸してふやかしておきます。
  翌日大豆の水をたっぷり入れた鍋をコンロにかけてじっくり煮込みます。つまんでみて柔らかくなっているか確認して火を止めます。
  ここで煮えた大豆を笊に移して水気を取ります。
  次に大きなボールに粗塩を入れ、これに買ってきた麹をほぐしながら塩とよく混ぜ合わせます。
  塩と麹がよく混ざったら冷ましておいた大豆を加えてさらにかき混ぜます。これもよく混ざるように何度もかき回します。

  次に、農協のカタログで購入した「電動ミンサー G-50」を準備します。
Ts3g0008  組み立て方は本体にスクリューの部分を差し込み回転する四枚歯を歯が手前に向くように取り付けます。
  そして、スクリューの上には材料を注ぎ込むための皿を取り付けます。
   Ts3g0009 四枚歯の手前にたくさん穴の空いた歯を取り付けます。
そして最後に歯を締めつける蓋をしっかりと取り付けします。
Ts3g0010      
     これで電動ミルの組み立ては完了です。
     次にミルから出てくる味噌を受ける樽を用意します。
     樽には漬け物用のビニール袋を入れて、この袋の中に出てくる味噌が落ちるようにセッティングします。

   次に電源コードをコンセントに差し込みます。上の受け皿に先程の大豆と麹の混ぜ合わせたものを注ぎ込みます。
Ts3g0011       紐のようににょろにょろと出てきますので、これを樽の中で平らになるように手のひらで上から押しつけて行きます。この分量でちょうど10リットルの樽がいっぱいになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の黒石は快晴です

今日の黒石は快晴です
今日の黒石は快晴です。
昨日のTBS系列のテレビ番組「ぴったんこカン・カン」で黒石の「つゆ焼きそば」が安住アナと石ちゃんによって紹介されていましたぁ!!
二人はいつの間に黒石に来てたのかなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の黒石は雪

今日の黒石は雪
今日の黒石は雪です。
昨日仙台に行ってたけど、まるで別世界でした。
でも、ちょちっと風が頬に刺すような冷たさでしたぁ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の中のシルエット

Photo11_2   今朝の早朝5時から黒石恒例の「旧正マッコ市」が開催された。
これまでは早朝の開店時間に合わせて写真撮影に
出かけていたのですが、今回は青森で会議があって
マッコ市を見に行くことができなかったので写真がない。
今日はとてもいい天気になったので、
近くのりんご園に出かけて写真の材料探し、
ウサギや野生動物の足跡は見つけられませんでしたが
日差しの所為でシルエットがきれいでした。

詳しくは「あずましの里通信」 へどうぞ。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »