« ドイツの世界文化遺産「バンベルク」(5) | トップページ | ドイツの世界文化遺産「バンベルク」(7) »

ドイツの世界文化遺産「バンベルク」(6)

14790606      バンベルクの市場の端からさらに古風な建物が見えてきました。バンベルクの旧市庁舎の建物です。
14870606       この旧市庁舎は川と川の間にある中州の上に建っていて両岸の街とはそれぞれ二本づつ計四本の橋で繋がっています。
      この川は前回紹介したライン運河とは違って川幅がやや狭くなっています。この川の名前は「レグニッツ川」です。ちょうど橋の向こうに見えている川縁の町並みは「小ベネチア」と呼ばれている伝統的建物群です。橋の下にはカヌーのコースが設定されています。
14890606      下の写真はこの旧市庁舎から下流方向を見たところです。こちらの橋は橋の両側にたくさんの花が飾られています。やはり古い町並みには花がよく似合いますね。

|

« ドイツの世界文化遺産「バンベルク」(5) | トップページ | ドイツの世界文化遺産「バンベルク」(7) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180986/16981679

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツの世界文化遺産「バンベルク」(6):

« ドイツの世界文化遺産「バンベルク」(5) | トップページ | ドイツの世界文化遺産「バンベルク」(7) »